美白効果が高いとして女性に大人気のハイドロキノンですが、正しい使用方法を行わないと炎症などの副作用に悩まされてしまうおそれもあります。当サイトで正しい使い方や副作用など詳しくご説明いたしますので是非ご覧下さい。

ハイドロキノンの副作用、赤みや炎症

ハイドロキノンとは、シミの原因であるとされるメラニン色素の生成を抑制させる効果がある成分で、さらにメラニン色素を作る細胞であるメラノサイトそのものを減少させることができます。
その効果から、ハイドロキノンは肌の漂白剤という呼ばれ方もしています。
現在では、シミを予防するための美白成分として配合しているコスメや、様々な美容皮膚科においてシミ治療のために使用されています。
ハイドロキノンを使用するときには、濃度に注意する必要があって、一般的に販売が行われているハイドロキノンクリームの場合には1%から5%ほどの濃度のものがあります。
ハイドロキノン1%から3%の濃度のものは、安全性が高いと言われていますが、効果や即効性の面で低くなることが考えられます。
ハイドロキノンは使用方法を守らなければ、肌トラブルなどの副作用を招く可能性がありますので、注意して使用する必要があります。
強い成分となるために、個人差によって肌に合わなかったときには、炎症や肌の赤みの副作用を引き起こすことがあります。
ハイドロキノンが配合されているコスメなどを使用するときには、事前に炎症が起きないかどうかパッチテストを受けてから使用することがおすすめです。
体質が合わないときだけではなく、劣化した製品を使用したときにも酸化しやすい性質があるために、炎症の副作用が発症する可能性があります。
ハイドロキノンは長期的に使用を行ったときや、高濃度のものを使用することによって白斑が出ると言われています。
1年以上の長い期間にわたって使用したときには、メラニン色素を生成する働きを失ってしまうために、皮膚の色が抜け落ちてしまって白斑となる可能性が考えられます。