ハイドロキノンでもっと美白

美白効果が高いとして女性に大人気のハイドロキノンですが、正しい使用方法を行わないと炎症などの副作用に悩まされてしまうおそれもあります。当サイトで正しい使い方や副作用など詳しくご説明いたしますので是非ご覧下さい。

ハイドロキノンが人気の秘密

ハイドロキノンは、シミの原因となるメラニン色素の産生を抑えると共に、そのメラニン色素を作り出す細胞である、メラノサイトそのものを減少させる働きをします。このような働きから、ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも呼ばれています。
現在、多くの美白効果を謳ったスキンケア化粧品が販売されていますが、それらのほとんどはビタミンCやプラセンタなどの成分が配合されています。これらの成分も美白効果はありますが、ハイドロキノンはこれらの成分の10倍~100倍もの効果があると言われています。また、この成分は高い美白効果以外に、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけます。この働きは、ビタミンCやプラセンタなどにはない効果です。こうした高い効果から、多くのシミやニキビ跡などに悩む女性の間で話題となり、人気が出ています。
日本では、最初医師の管理下で使用することが許可されているのみで、化粧品への使用は認められていませんでした。しかし、2001年の薬事法の規制緩和によって、やっと化粧品にこの成分を配合することができるようになったので、まだまだ歴史は浅いのです。しかし、アメリカではシミや色素沈着の治療薬として、早くから化粧品に配合されて、多くの女性から支持されています。
ハイドロキノンを配合した化粧品を使用する際には、その濃度に注意しましょう。一般に市販されている配合クリームは濃度が1%~5%程度が主流です。1%と5%の配合率であれば、5%のほうが効果が高いと考えがちですが、必ずしもそうではありません。それは人によっては副作用を引き起こす可能性もあるからです。というのも、この成分がとても強い作用を持っているからです。
濃度が1%~3%では、刺激が少なく一般的に安全性が高い濃度と言われています。しかし、低刺激な分即効性を低くなります。
濃度が4%~5%では、肌にピリピリ感を感じることがあります。よって、敏感肌や肌が弱い人は避けたほうが良いでしょう。健康肌の人も必ずパッチテストを行って、問題が無いのを確認してから、使用するようにしましょう。自分の肌に合わないと、炎症やかゆみ、赤みなどを引き起こしたりします。また、高濃度の商品を長期間使用することで、白斑が出ることも稀にあります。例えば、6%以上が配合された商品を1年以上使用すると、このような症状が現れる可能性があると言われています。こうしたことから、効果ばかりを先に考えるのではなく、必ず自分に合った濃度のものを選ぶようにしましょう。
ハイドロキノンは、使用方法をきちんと守って使用すれば、肌にとても効果的に働く、救世主となります。

■プラセンタはプラセンタでも、ヒトプラセンタは美容の面からも大変効果が高いです
プラセンタ 効果
■ハイドロキノンで肌ケアをしているとニキビも気になりませんか?
クリンダマイシン